BLOG

山形県立新庄病院ブログ

2018.1.13

「なしだんご」飾り

_____

新庄駅では、季節ごとに様々なデコレーションで乗降客を和ませてくれます。

新年からは、小正月の伝統行事「なしだんご」が飾られています。

「なしだんご」とは

米の粉で作っただんごや縁起物を「ミズキ」の木につけ、家の神棚や大黒柱に飾ってその年の豊作を祈る伝統行事です。
名前の由来は諸説あるようですが、梨の花がたくさん咲くと豊作になるということから、だんごを梨の小さな花になぞらえて飾ったのでは・・・と言われています。養蚕で繭がたくさん取れるように、繭玉になぞらえたとも言われ、山形市周辺では「だんご木」と呼んでいます。

この記事の関連タグ:

\友だち登録お願いします/

新庄病院公式LINE@アカウント